小規模だからこそできること|小規模保育事業のメリット

ウーマン

海外進出の秘訣

男女

海外進出は利益を得ることができますが、その分リスクなども考える必要があります。インドネシアに進出する場合はインドネシア進出支援のサポートを受け、万全の体制で挑みましょう。

» 詳細へ

工場を借りる

作業員

貸工場は、安価で工場経営を行うのに最適な方法です。購入に比べれば総合的な費用は安いため、大阪などで工場経営を行う場合は土地を購入するよりもはるかに安く済ませることができます。

» 詳細へ

デイサービスの経営

介護

デイサービスの需要は年々増しており、成功を収める確率は高くなっています。しかし、その分競争率も高いため経営を始める場合は他の事業に負けないサービスを考える必要があります。

» 詳細へ

保育園の需要

男性と赤ちゃん

保育園の需要は、年々増加しています。そのため、保育園はどこも満員状態であり、競争率は激しくなっています。よって、保育事業は現在需要が非常に高いです。中でも認可保育園は国からの助成もあり、安定した経営が可能です。しかし、認可保育園はおいそれと開園することができず、およそ3年ほどかかります。しかし、小規模認可保育園ならば5ヶ月ほどで開演できるため、現在小規模保育事業は注目されています。
小規模保育事業とは、その名の通り小規模な認可保育園です。従来の保育園に比べて定員が19名と小規模な保育園であり、職員もそれに比例して少ないです。しかし、子供が少ない分一人ひとりに目を通しきめ細やかな保育が行える他、小規模なので土地面積の広さもそこまで必要ないなどメリットは多いです。よって、小規模保育事業を始めようとしている人は多いです。
小規模保育事業を始める場合、基本的には保育士などの数の条件は0才児三人につき1人、1~2才児6人につき一人の保育士がいることが条件となっています。また、設備も子供の数や年令によって必要条件が変わってきます。また、事業を始めるのと成功をおさめるのは別問題です。たしかに保育園の需要は増していますが、魅力的な何かがなければ、親は保育園を選びません。よって、小規模保育事業を成功させたいのであれば、まずはコンサルタント会社に相談を始めるところから始めなければなりません。また、フランチャイズのサービスを利用するのも有効です。